遊戯王レリーフ加工7


レリーフパターン作成のコツが分かりました。

氷結界の龍グングニール ゴールド
f0096140_02003464.jpg
f0096140_02010166.jpg

フェルグラントドラゴン ウルトラ
f0096140_02030207.jpg
f0096140_02015888.jpg
f0096140_02044292.jpg
相変わらず写真写りが悪いですが、
グングニールが半失敗、フェルグラントが成功の光り方をしています。

何がしたいかというとこういうことです。
f0096140_02143864.jpg
イラスト上部からリング上に光らせたいのです。そして角度を変えるとリングの外側/内側に光が移動するように。そのためには次の特性を知っておく必要があります。

f0096140_02272346.jpg
1.カードの角度を変更した場合、現在光っている斜線の角度と近い車線から順に光る。
f0096140_02293428.jpg
2.角度が似た斜線は同じカード角度で光るが、車線の角度が似ていない場合は光らない。
この2点に注意すると目的のレリーフパターンはこのようになる。

f0096140_02562150.jpg
グングニールでは下のようなパターンになっていて、中央から外側ではなく斜めに光が伝搬した。
f0096140_03264891.jpg
中央から内側・外側になるに連れ角度が急になるパターンが扇型となっている。
赤線では同一パターンだが、その光り方は、
f0096140_03281595.jpg
同じ角度の線が光るので、扇状には光らない。
よって失敗。


関連
6回目8回目
[PR]

by purqle | 2015-03-24 02:16 | 雑談(カード) | Comments(0)  

<< 名刺 クロス >>