インヴェルズ1

DT時代から続くインヴェルズデッキの現状。元々はリチュアを組むために弟とDT回して余った代物。イラストはあまり好きではなかったけど持ってると愛着がわいてつくりました。このデッキが後にヴェルズをつくる切っ掛けになりました。
f0096140_20410239.jpg
弱点を克服する代わりに戦略が変わるのでその前に記録します。

3インヴェルズ・ギラファ
3インヴェルズ・モース
2インヴェルズの斥候
3インヴェルズの魔細胞
3キラー・トマト
1終末の騎士
2ダークネス・ネオスフィア
2冥府の使者ゴーズ
3絶対王バック・ジャック
2カメンレオン

1ワン・フォーワン
2悪夢再び
2強欲で謙虚な壺
2サイクロン
1強制転移

2ピンポイント・ガード
1強制脱出装置
3侵略の波動
2強欲な瓶


主軸はインヴェルズ下級をリリースし、上級をアドバンス召喚し帝と同じようにアドを稼いだのち、侵略の波動で透かしながら次ターンで同じことを繰り返すという感じですね。そういうテーマ。



下級は繰り返し使える斥候がメイン。インヴェルズ上級の効果発動条件はインヴェルズリリースで起動なので、繰り返し使えるこのカードがベスト。ですが、デメリットが大きすぎて戦略を縮めています。黄泉ガエルと同じく魔法罠があると蘇生できず、ターン1なのと、そのターンSS不可がつきます。このカードの蘇生にカウンター打たれると死にます。

この制約から相手ターンに、展開・魔法罠を使い切ることが求められます。モンスターはゴーズとネオスフィアがおすすめです。ゴーズは場に魔法罠がないため、ネオスフィアは斥候をコストに高打点化するためです。相手ターン展開というとトマトもですね。

罠のレパートリーは、蘇生・除去・ブラフ。侵略の波動は除去・エスケープ・セルフバウンス。この特性に相手は伏せカード全般を恐れてくれます(昔は)。ピンポイント・ガードは守りながらリリース要員を蘇生するカード。場にも残りません。強欲な瓶は、除去待ちのブラフ。これはタイミングを選ばず、自ターンまでに消費できます。インヴェルズ上級のサーチはできないので(昔は)、自引きするためのアイテムでした。

バックジャックはこれらの罠を伏せるカードですね。

斥候は闇属性なので、キラトマ終末からスタート。1400打点+2600(ギラファ)で4000ダメ出るのもポイント。



相手ターンでの奇襲が楽しいデッキになってます。ただし、墓地除外に弱すぎてノイド相手だと役に立ちません。展開力も足りません。なので新しく目指すのは、斥候を抜いて、呼ぶものや侵蝕感染を使ったタイプにします。魔法罠を増やせるので防御力も上がると思います。

[PR]

by purqle | 2017-07-22 00:02 | 雑談(カード) | Comments(0)  

<< バインダーの改良 ARCD >>