カテゴリ:雑談(カード)( 198 )

 

遊戯王

先週土曜日は、アラン茶さんとゆめうたさんとたま猫さんとで遊戯王オフ会をしました。続いてユバさまと遊戯王をするタイミングがありました。まとめて話しましょう。久々の遊戯王で、4月頃にマスタールール4で1回やったきりですね。6月にデッキをたくさん作ってエアプ状態ですがはたして?



アラン茶さんがドラゴン族、捕食植物、
ゆめうたさんが帝、ズァーク、
たま猫さんがトゥーン、活路エクゾ
ゆばさまが真紅眼、真紅眼(装備)、真紅眼(ズァーク)という感じですね。

こっちはコアキ(GLoop)、コアキ(ラビット)、デーモンスタン、月光、
幻皇鳥神、クローラー、サイバーダーク、インヴェルズ(侵喰)ですね。



全体的に感じたのは、除去が多いと言われてる時代ですが、思ったより割られませんね。キーカードは割りに来るのですぐなくなりますが、セットカードへのタッチは少ないかも。おそらく魔法罠の除去は、1~3枚くらいなのでそのくらいしか割れないのでは…

そこで思ったのは光の護封剣って意外と強いかもしれないということです。除去札を使わせるか、3ターン一方的に殴るか、ということで。

あと割る側の話ですが、醒めない悪夢+羽根箒orツイツイor砂塵の大嵐がバランスがいいかなと思いました。醒めない悪夢で厄介な永続系を無力化できるので。個人的には箒よりツイツイの方が発動タイミングが多くて便利でした。

ゆめうたさんの帝とゆばさまの真紅眼が高速展開超パワーで勝てませんでした。特に悪魔竜ブラック・デーモンズ・ドラゴンのような戦闘時発動不可系は思ったより強いです。クローラーが無力化され全敗です。クローラーには高打点対策として月鏡の盾が入っているのですが、これは発動する効果なので無意味です。対抗手段はスタートステップにリバースさせるか、強脱を打つくらいですね。しかし真紅眼はすぐに融合を打ててしまうのですね。おそらく一番の手はSS封じですね。一回休みがいいと思います。対して、帝の方は通常召喚なので困りどころ。月鏡増量したからいけるかな?

バックの薄いデッキに対して有効なのは幻皇鳥神でした。対象を取らない3枚除去はかなり優秀ですね。スパイラルの押しも優秀に働いています。暴走闘君を増やしたいな。

コアキ系は超火力の前に爆殺。ランク4ではスピードが足りません。コンボだけでなく罠カードの大切さがわかります。デーモンスタンはもう少しコンボ色を落としてスタンダードぽくしたい。月光はなかなかの戦績。天空の虹彩とオッドアイズフュージョン、月光蒼猫・彩雛の噛み合いが強く、覇王眷竜スターヴが活躍してくれました。インヴェルズは改築したけど、遅すぎてダメ。蘇生カードを増やしすぎて動けないのでオピオンを先に立てられるように改築しようかと。サイバーダークは1回だけの回しだけどいい感じ。クロ―・カノンがいれば回りやすいね。近々リバリアンシャークを入れてカオスキマイラバリアンやりたい。



長く、対人戦をやらないのでデッキがコンボ色によりすぎてたかもしれません。相手を凌いで切り返すという点で汎用罠と魔法(伏せ除去)は大事だなぁと思いました。あと展開の速い環境の中でも割られるカードの数に限りがあるのでフリチェ以外のカードも考えてみるべきだと思いました。












[PR]

by purqle | 2017-08-19 21:21 | 雑談(カード) | Comments(0)  

スパークマンダーク英シク

スパークマンダークの英シクです。
f0096140_00065933.jpg
このイラストのシクかっこいいよ。スパークマン通常版のシクもかっこいいからほしいなぁ。そっちは見つかりません。


[PR]

by purqle | 2017-08-07 00:08 | 雑談(カード) | Comments(0)  

コアキメイル・ウルナイト英語版

コアキメイル・ウルナイト英語版レリーフ(アルティメットレア)を入手しました。
f0096140_21331366.jpg
左がEU版、右が北米版です。他の方の記事も見ましたが、実際に入手すると結構違います。

EU版中心で話しますが、
EU版は堀が深いです。星は集中線のようになってますね。
日版と同じです。北米版は凹んでるだけに見えますね。
カード名の箔押しも深いです。
また、EU版は赤がしっかり印刷されています。

これをみたらEU版がほしくなりますね。
レリーフらしいレリーフの魅力を持ったカードですね。

これを入手するのは、少々難しいです。まず、流入量はともかく、両者は英語版なので、区別されていないことが多く、ネットで探すのも一苦労です。特に表記されていない場合は星と、裏面のレリーフ痕をチェックしていきたいです。表記されている場合でもメルカリなどでは誤表記があるらしいのでしっかり確認しましょう。店に行っても北米版の方がよく見つかります。

[PR]

by purqle | 2017-07-25 21:31 | 雑談(カード) | Comments(0)  

バインダーの改良

自分の使っているバインダーには弱点があります。


以前紹介したウルトラプロ コレクターズ 3リング コレクターズアルバムです。

これにリフィル数枚以上入れて、立てて保存すると、正面右下の角に荷重がかかって破損します。
f0096140_23053402.jpg
理由は(多分)Dリングにあります。Dリングは裏表紙側についているので、リフィルを挟むと、表紙側にバランスを崩すようです。なので、バランスが崩れないように押し返せばいいです。リフィルを最大まで挟めば、表紙側に空間がなくなるので表紙側にバランスを崩すことがなくなります。

f0096140_23131332.jpg
しかし最大までリフィルを挟んでも、構造上バインダーの表紙まで届きません。なので、
f0096140_23142966.jpg
スポンジで中表紙をつくりました。スポンジなのでサイズ可変です。これでバインダ内を埋められます。

f0096140_23160833.jpg
これをゴム紐でとめれば、
f0096140_23165950.jpg
自立します。また、バインダーを縦置きする場合、リフィル自身も自立し、自重を支えなければなりません。通常は、リフィル最上部穴とリフィル下部に負荷がかかって破損します。
f0096140_23210450.jpg
ところが、ゴム紐と中表紙で締め付けているので、全ページの摩擦と、面となった下部で支えることになり、破損しづらくなったはずです。

中表紙の効果はまだあります。1つは、バインダーを閉じたときの巻き戻りの防止です。中途半端にリフィルが戻り、Dリングがカードを押しつぶすので非常に危険。対策すべき点です。
f0096140_23250855.jpg
もう一つは、背表紙と表紙の段差でリフィルが曲がって見づらいって問題の解決ですね。
f0096140_23255810.jpg
もうひとつ改造点は、バインダー下部にプレートの設置ですね。本棚にしまう時リフィルを擦って折ってしまうので。
f0096140_23293341.jpg
という感じで、手間はかかりますが、このサイズのバインダーを縦置きする場合のおすすめの改造です。

ちなみに収録可能枚数はリフィル50枚入るので、50*18=900枚くらいです。(実際には空欄があるからもう少し少ないかも)
巻き戻りを無視して入れられる効果もありますね。今の欠点はすごく重いことです。


[PR]

by purqle | 2017-07-24 23:02 | 雑談(カード) | Comments(0)  

インヴェルズ1

DT時代から続くインヴェルズデッキの現状。元々はリチュアを組むために弟とDT回して余った代物。イラストはあまり好きではなかったけど持ってると愛着がわいてつくりました。このデッキが後にヴェルズをつくる切っ掛けになりました。
f0096140_20410239.jpg
弱点を克服する代わりに戦略が変わるのでその前に記録します。

3インヴェルズ・ギラファ
3インヴェルズ・モース
2インヴェルズの斥候
3インヴェルズの魔細胞
3キラー・トマト
1終末の騎士
2ダークネス・ネオスフィア
2冥府の使者ゴーズ
3絶対王バック・ジャック
2カメンレオン

1ワン・フォーワン
2悪夢再び
2強欲で謙虚な壺
2サイクロン
1強制転移

2ピンポイント・ガード
1強制脱出装置
3侵略の波動
2強欲な瓶


主軸はインヴェルズ下級をリリースし、上級をアドバンス召喚し帝と同じようにアドを稼いだのち、侵略の波動で透かしながら次ターンで同じことを繰り返すという感じですね。そういうテーマ。



下級は繰り返し使える斥候がメイン。インヴェルズ上級の効果発動条件はインヴェルズリリースで起動なので、繰り返し使えるこのカードがベスト。ですが、デメリットが大きすぎて戦略を縮めています。黄泉ガエルと同じく魔法罠があると蘇生できず、ターン1なのと、そのターンSS不可がつきます。このカードの蘇生にカウンター打たれると死にます。

この制約から相手ターンに、展開・魔法罠を使い切ることが求められます。モンスターはゴーズとネオスフィアがおすすめです。ゴーズは場に魔法罠がないため、ネオスフィアは斥候をコストに高打点化するためです。相手ターン展開というとトマトもですね。

罠のレパートリーは、蘇生・除去・ブラフ。侵略の波動は除去・エスケープ・セルフバウンス。この特性に相手は伏せカード全般を恐れてくれます(昔は)。ピンポイント・ガードは守りながらリリース要員を蘇生するカード。場にも残りません。強欲な瓶は、除去待ちのブラフ。これはタイミングを選ばず、自ターンまでに消費できます。インヴェルズ上級のサーチはできないので(昔は)、自引きするためのアイテムでした。

バックジャックはこれらの罠を伏せるカードですね。

斥候は闇属性なので、キラトマ終末からスタート。1400打点+2600(ギラファ)で4000ダメ出るのもポイント。



相手ターンでの奇襲が楽しいデッキになってます。ただし、墓地除外に弱すぎてノイド相手だと役に立ちません。展開力も足りません。なので新しく目指すのは、斥候を抜いて、呼ぶものや侵蝕感染を使ったタイプにします。魔法罠を増やせるので防御力も上がると思います。

[PR]

by purqle | 2017-07-22 00:02 | 雑談(カード) | Comments(0)  

新規東方TCG-Walpurgis

前回冬コミC91でScarletAgentsさんが東方TCGを頒布開始しましたね。買いました。
f0096140_22511825.jpg
自分はコレクション目的なのでハイクオリティ率が気になるところ。
f0096140_22510472.jpg
驚くことにイラスト満足率90%(当社比)。他の東方TCGより圧倒的に高いです。これ原稿代めっちゃ高そう…。このクオリティ率…デッキならいいけどパック形式になったら鬼ですね。印刷の質も申し分なし。
f0096140_23081332.jpg
背面はゲームの盤面を表現したものでしょう。スタイリッシュ。ちょっとシンプルすぎるのと東方感がないかなぁ。
f0096140_23034161.jpg
細かいところだけど側面はバリあり。各個でズレてるのも気になるところ。

重箱の隅を突いたとしてもコレクションアイテムとしては超優良ですよ。長々スリーブ作りをやってるScarletAgentsさんなので、すぐに終了するTCGでないのは確か。次弾の話も聞いているし。もうすでにコレクションの高価値化要素であるブランド力を持って生まれている。期待の新星ですよ。


[PR]

by purqle | 2017-01-22 22:50 | 雑談(カード) | Comments(0)  

デュエルリンクス

デュエルリンクスを試しにやってみました。カラテマン環境と聞いて。
古き良き遊戯王って感じで懐かしい。
アックスレイダーという壁を守備にしたり破神剣で越えていくあたりが何とも…
このデッキで越えられるのか怪しい恐怖感が楽しいね。

やっぱりカードプールが少ないからこういうことが起こるし、プレイングが直に出るね。
自分は待たずに殴るから返されちゃって下手なんだなぁ。
我慢して4つ星てんとう虫で全破壊カウンターするとすごく楽しい。
サイバーポットの恐怖を思い出すぜ…

リンクスと現行ルールを比べるとロードを感じるよ。現行遊戯王はおのおの好きなところを掘り進んでいるんだなぁ。
そんないろんなデッキ(考え)があるのに同じルールで対戦出来ちゃうのがTCGのすごいところだ。

[PR]

by purqle | 2016-11-28 23:23 | 雑談(カード) | Comments(0)  

ガリスループ

コアキメイルの新天地を目指してガリスループ調べていた。このコンボはコアキメイル・デビルとA・ジェネクス・バードマンがメインで、バードマンの効果を無効化して無制限にコストで手札に戻すというものなので、手札→()→フィールドを無制限に経由できるモンスターがいるとループするのね。ガリスはデッキトップがモンスターである限り場にでるのでループするわけで。フルモンスターかコカローチナイト併用で使われています。

他に同じようなカードはないかなぁと調べてみたら、結構いる。特殊召喚できればループだけはするのでジェスター・コンフィみたいなのとか、あるカテゴリーが存在するときにSSできる系とか。

ネットで調べたうち有用なのは青麻小町さんに載ってた 「AOJコズミック・クローザー+サイバーサモンブラスター」で、無限バーン。

wikiの召喚ルール効果で調べていたら、EMラディッシュ・ホースを発見。
f0096140_23045819.jpg
相手モンスターが自分モンスターの数以上で、相手に特殊召喚モンスターがいるときに、SS。自分モンスターと相手モンスターを選択し、このカードの攻撃力分相手のATKを下げ、自分モンスターのATKをあげる。

単体で使っても差が1000になるのでそこそこ強いけど、ループに組み込むと全相手モンスターの攻撃力を奪い尽くすという効果になるね。EMで、ペンデュラムで、植物だからかなりサーチしやすいね。

トップ固定しないといけないガリスより使いやすいなぁ。



もう一つ。ボーンタワー(属性変更)を出して、茫漠の死者(またはイゾルデトリスタン)でデッキデスだね。必要枚数は多いけどアンデ系ギミックやセルフボーンタワーが入るからそれはそれで面白そう…



手札→墓地→フィールドのような経路を辿れるのはアビスグンデと魔轟神系なのですが、グンデはターン1、魔轟は光属性なのでだめでした。



ラディッシュホースが収穫だね。モルモラットには劣るけどかなりの強化になる。

[PR]

by purqle | 2016-11-07 23:14 | 雑談(カード) | Comments(0)  

新しいデッキ構築体制

デッキ構築があまりにも遅いので構築体制を見直しました。

でかいストレージが5つあるんですけど、重すぎて1枚のカードを出すのが億劫なんですよねー。ということでよく使う系を抜き出しました。
f0096140_23080756.jpg
スリーブをゴールドミニ+マットブラックの二重スリーブに統一しました。
f0096140_23071676.jpg
↑コアキメイルデッキです。
f0096140_23064848.jpg
とりあえず試験的にコアキメイル系だけ。調整時スリーブを入れ替えるのに時間がかかるのと、自分のコアキメイルデッキが多すぎなので、同じカードは使いまわせるように全スリーブを統一。デッキレシピがあれば組み替えても問題ない。(大量に作ろうとするとウルナイトと核の数がやばい)。
実際やってみていい感じ。気兼ねなく必要なカードを出し入れできる。

問題点はキャラスリが使えないこと。これまで集めてきた多種多様な東方スリーブが使えないのはなんとも…

[PR]

by purqle | 2016-11-06 23:05 | 雑談(カード) | Comments(0)  

黙する死者

これまで思い出のブランコあるから黙する死者いらないよなぁって思ってたんですが、最近になって使ってみたらブランコ3死者3でも腐らなかったのね。
f0096140_23255604.jpg
事故りそうと思ったのは思い込みだったのと、墓地肥しが優秀になったからかね。光の霊堂めっちゃつよいよ。サーチできるし。自分は昔ユベルデッキでブランコ使ってて(魔族召喚師)事故るなぁと感じてたんだけど、あれはユベルと魔族召喚師両方を落としつつ、終末の召喚権消費が問題だったね。あと魔法カードの即効性に驚き(いまさら)。攻撃制限のない正統でいいじゃんという考えがありましたが、そのターンに攻撃、シンクロなりエクシーズするならこっちの方が全然早くて回る…

ストレージはかなり整頓されてカードの検索はしやすくなったのですが、1箱がでかすぎて重い…。同じカード出すなら最初から抜いといたほうがデッキ改造しやすいよね。ということで、小さいストレージに移してみました。厚紙でカテゴリーごとに区切ってます。ちなみに金スリーブの右側はコアキメイルの束です。
f0096140_23323436.jpg

[PR]

by purqle | 2016-09-27 23:35 | 雑談(カード) | Comments(0)